24歳*体外受精記録

クラミジア感染歴あり、ピックアップ障害の疑いありで、体外受精スタートすることになった24歳の記録ブログです。

体外受精に対する偏見

不妊に悩む人にとって体外受精は、妊娠への希望のひとつ。


けれど体外受精に対して偏見を持つ人って、残念なことに少なくないんです…

「機械的に人間を作るな」、「自然じゃない」、「妊娠に科学の手を加えてはいけない」


体外受精に対する心無い言葉や意見をたくさん見てきました。

私の近くにもそういった人はいて、気にしない!と心に決めつつも少し悲しくなります。



たしかに、自然妊娠とは違う形だけど、不妊に悩む人のために研究が進められ、進歩し、不妊症でも子どもが望めるようになったんですよね。その技術に頼ることの何がいけないのでしょうか。


体外受精を否定する人って、臓器移植とかも否定派なのかな。臓器移植だって、科学の進歩がない限り絶対に起こり得ないことだったし、自然ではないですよね。

でも、それで誰かの命が助かるのであれば、その技術に頼って生きてほしいと思う。


もし、自分や自分の家族が不妊で悩んでいたら、臓器移植を受けないと生きられない状態になったら、あなたならどのような判断をしますか?治療することが自然ではない、と否定しますか?


自分には関係ないこと、自分の経験したことのないことで苦しんでいる人を、平気に傷つける言動はやめてほしいです。

理解できなくても否定する資格はありません。



私は治療を始める前に決心してます。

心無い外野の声には惑わされない!


愛する人との間に子どもがほしいと思って治療することの何が悪いのでしょうか。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。