24歳*体外受精記録

クラミジア感染歴あり、ピックアップ障害の疑いありで、体外受精スタートすることになった24歳の記録ブログです。

辛いときはSNSを絶つ

こんにちは。


メイです。




採卵から1週間たち、妊娠判定日まであと1週間となりました。まだまだソワソワ期真っ只中です。




受精の結果が思わしくなく、落ち込んでいた選手、私は決心したのです。





しばらくSNSを見ない!!!







私の友人に限った話しではないと思うんですけど、20代30代のSNSって、本当に幸せに満ち溢れた投稿ばかりですよね…



いかにリア充をアピールするか…競争でもしてるのかな?それって本当に幸せなのかな?と疑問に思うほど。特にInstagram。




私は基本、SNSに関しては傍観側なのですが、Instagramでいますごく落ち込んでますみたいな投稿って見たことないですね〜




人より楽しい人生を送っていることをアピールしたい、人より優位な立場にいることがステータスのように感じる、常にキラキラしていたい…


まさに、人間の汚い欲望から

うまれたようなSNS



皆がそうではないとはいえ、少なからずこういった考えを持った人はいて、そういう人たちのためにリア充代行サービスというものまでうまれています…






人生山あり谷あり




どんなにキラキラ輝いて見える人でも、

ずーーーーっと幸せな毎日、時間を過ごしているはずがない。



人には言えない悩みを抱えているかもしれないし、仕事が大変かもしれないし、不妊で悩んでいるかもしれないし、家族や夫婦仲が悪く悩んでいるかもしれない。




それを頭ではわかっていても、キラッキラな毎日を過ごしているかのような投稿を見ると、いいなぁ〜と思ってしまうときってありますよね。




私は、不妊治療を始めた頃から、妊娠、出産、子育てに関する投稿を見るたび、「私も早くほしい。なんで私にはできないの。」と感じるようになりました。


そして気づきました。

このような投稿を見ることで、

私は自分のことを

更に追い詰めてしまっていました。





人は人、自分は自分。

と割り切ってはいても、やっぱり日常生活の中で不妊のことを思い出すきっかけとなり、それがストレスになっていたんだと思います。



悩んでも解決しない、落ち込んでも仕方がないときには、その原因となるものを一旦忘れてしまった方がいいと思うんです。




そうするために

私はSNSを一旦絶つことにしました!






SNSを絶って気づいたことがあります。

(まだ1週間ですが笑)




自分にとって、本当に大切で幸せを与えてくれる人、もの、存在が何かを再認識し、感謝し、もっと大切にできる。






携帯をさわる時間も減って、毎日が長く有意義に感じるようにもなります。


おすすめなので是非やってみてください。



それでは💫

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。